ホテル・ジェーピー トップ > ムッケさんのクチコミの一覧

ムッケさんのクチコミ一覧

投稿の内容でしぼりこむ
  • カップルで泊りたい、結婚式を挙げたいホテル

    小淵沢にあるおしゃれなホテル、リゾナーレを利用した。
    話には聞いていたが、とにかくおしゃれという印象。
    部屋はメゾネットタイプのところで、大変広々としていてアメニティや部屋設備に関しても言うことなし。
    また、夜は結婚式に良く利用されているというチャペルで無料コンサート、この日はチェロとピアノの演奏をしていて、演奏も雰囲気も最高、とても楽しめた。特に最後の曲でチャペルの天井が空いていき、チェリスト氏が外のキャンドルライトを背に演奏している所は非常に絵になり、感動的だった。このコンサートを聞いたら、ここで挙式をあげたくなるだろうなと思いながら聞きほれてていた。
    クリスマスイルミネーションもとても素敵で、カップルにお勧めの場所である。
    写真はそのイルミネーションである。
    2010/12 頃
    1人
  • 老若男女、誰にでも楽しめるバイキング

    湯治で有名な長野の鹿教湯温泉、斎藤ホテルに行ってきた。
    此処の夕飯、朝食は共にバイキングなのだが、森林が見える長めの良い食堂でのバイキングは、和風、洋風、中華、そして郷土料理と、様々な種類で、来た人すべてが美味しく楽しめるようなメニューになっている。
    私がお邪魔した時の郷土料理は、辛み大根にうどんを入れたもので(名前を失念しました)田舎の素朴な味を楽しむ事が出来、これだけでも来たかいがあったという感じであった。
    また、ステーキのような若者向けの物、更にはマツタケご飯なども有り、味に好みのある食事とはいえ、誰もが楽しめる内容になっていた。
    写真はその眺めの良い食堂の物である。
  • テレビのサスペンスドラマの舞台になった旅館

    今夏、テレビの森村誠一サスペンスを見ていた所、以前泊った事のある蓼科の横谷温泉旅館が舞台となっっており、懐かしく思い、再訪した。
    ドラマで何度も写ったロビー、食事処、そして、パワースポットにもなっている近隣の乙女滝やら、それらを見ながらこの一軒宿が都会の喧騒を忘れさせてくれる宿と言う事を再認識させてくれた。
    旅館は谷間にあり、周りの遊歩道は人間だけでなく、カモシカなども通る。
    そして自慢の黄金の出湯は金運アップが期待できるとの事。
    部屋も旅館自体も非常に清潔感あふれる旅館であり、時間をのんびりと使いたい時には何度でも訪れたいと思う宿である。
    写真はその清潔感なる広い部屋の物である。
    2010/10 頃
    1人
  • 展望のよい高台にあるホテル

    長野県は蓼科にある老舗、蓼科パークホテルを利用した。
    白亜の綺麗な建物は、近くで見ると年季を感じたが、清潔感があり、部屋も古さを感じはしたが、快適であった。
    此処の自慢はおそらくその展望の良さであろう。
    ホテルに行くまで、ちょっとした坂道を登っていくのだが、徒歩で頑張って登り切ったご褒美かのように、美しい八ヶ岳の眺めが見れ、これは展望風呂、露天風呂からも見る事が出来た。
    また、夕飯は和風の囲炉裏での食事で、手作り豆腐が絶品であった。
    写真は清潔感あふれる部屋の写真である。
    2010/12 頃
    1人
  • か館内に飲泉所がある湯治宿

    国民保養温泉地(環境庁指定)の長野、鹿教湯温泉の斎藤ホテルに行ってきた。昔からの湯治の地で、街の中には国民保養温泉地の為、静かにして下さいなんて珍しい看板もある。斎藤ホテルも、温泉宿なのに宴会場が無く、湯治で長期滞在する人向けの施設という感じだった。宴会場が無いから、悪酔いしてる人なんていないし、風呂に入る人のマナーも良いし、滞在中はとてものんびりできたし、食事は朝晩ともにバイキングで品数も大変豊富、味も美味しく、こまめに新しい料理を運んでくれるので、バイキングなのに常に出来たてを美味しくいただけた。長期滞在する人の為、館内にはジムが併設されていて、専門のインストラクターがトレーニングの指導もしてくれる。さらに、周辺の観光地を回るツアーがあり、これなら一週間くらいのんびりといても退屈する事は無いだろうと思った。お風呂は無色透明の柔らかいお湯。露天風呂には寝湯出来る場所があり、のぼせる事もなく、のんびりとお湯に浸った。そして、館内には源泉を飲める場所があり、常に源泉が流れてる。源泉を飲み、温泉につかりで、体の中からも外からも綺麗になった気分で温泉を満喫できた。写真はその源泉を飲む所である。
    2010/10 頃
    1人

前のページ1 2 次のページ
▲ホテル・ジェーピー ページのトップヘ