ホテル・ジェーピー トップ > ゆきりんさんのクチコミの一覧

ゆきりんさんのクチコミ一覧

投稿の内容でしぼりこむ
  • 池袋で観劇したり、遊ぶなら良いホテルかもしれません

    ツインを1999年~1997年に、観劇のときに泊まりました。観劇は池袋でなかったのですが宿泊料金が当時の自分で支払える良心的な料金でしたので泊まりました。
    最寄り駅は東池袋駅からが近いようですが、私は池袋駅から歩きました。繁華街を歩いて、サンシンシティビルの中に入って、ホテルのフロントまでさらにまた歩くのでちょっと遠いと思いました。池袋駅付近の劇場での観劇やビル内にあるナンジャタウンで遊ぶ、という池袋中心の観光などであればビル内にはスパゲッティレストランやバッグや洋服のお店もありますし、ハンズもありますから使い勝手のいいホテルだと思います。
     部屋は当時と今ではベッドカバーなど変わっていると思います。 それでもその後いろいろなホテルに泊まりましたがこちらのホテルはあまり豪華、という印象はないです。 
  • ご褒美に泊まる、という感じでしょうか

    立地は名古屋駅の上で迷うことはまずないと思いますし、移動も楽で、デパートもすぐですからホテルの場所は最高ですね。 部屋も最高に豪華です。 浴槽とシャワーブースがある、デラックスツインに泊まりましたが部屋は広いですし、家具やベッド周りはこげ茶の色使いでカバー類は白、古臭さもないのですごく豪華な部屋作りです。浴室も大理石を使っていたりしますので部屋全体、豪華ですよ。 泊まる曜日、休日、平日にもよりますが料金はそれなりに高いとは思います。料金、部屋、ともに自分へのご褒美に泊まるという感じで私は泊まりました。
     ご褒美にふさわしく、素敵なお部屋で窓からは名古屋市内が見渡せましたので夜景も素敵でした。せっかくいい部屋なのだからいつもよりお値段のいいお酒を買って部屋飲みしました。カーテン開け放って夜景を眺めながら飲む、ということも、高層階だったのでできました。
     素敵なお部屋ですし、ホテル全体も素敵でいいサービスを提供してくれますからホテルライフを楽しめます。
    2001/06 頃
    1人
  • バスローブを着てワイングラスを揺らしてみたい!

    ディズニーリゾートで遊びまくった日に宿泊しました。 ツインルームです。 最近は利用していないので部屋に何が用意されているかわかりませんが、泊まった当時はバスローブが部屋のタンスに入っていたのでお風呂あがりなどに着ました。
     部屋は広いので疲れた体でももう一人とぶつかることなく歩けますからより疲れる、ということがなくていいですね。部屋自体も広いのですが、浴槽、シャワーブース、洗面、トイレが一緒の大理石のスペースも広いです。 全てが広いので気持ちも大きくなり、バスローブを着てソファに座り、自前のワインをグラスに入れてゆったりディズニーの余韻に浸るということが楽しかったです。グラスは普通の大きさでしたけどね。
     洗面、トイレ、浴槽のあるところはトイレが一番奥にあったので、その前にある浴槽を横切るということになります。一人がお風呂に入っているときにトイレに行くのはお互い気が引ける、ということであればロビーまでトイレに入りに行く、ということになります。
    1999/06 頃
    1人
  • 部屋が明るいのはいいことですね

    羽田空港が今のようになる前に、羽田空港を含む東京観光をしたときに宿泊しました。 「日航ホテル」ですから、けっこうゴージャスなのかしら?と泊まる前に考えていたのですが、ロビー、フロントはビジネスホテルくらいの大きさですごく大きいという感じはなかったです。 立地は最寄の川崎駅からすぐで、見えますから迷うことは少ないと思います。 軽食の調達は駅のコンビニなどで買っておくといいと思います。
    ツインルームを利用しましたが、当時も今も変わらずベッドカバーは白なので部屋が明るく思えます。また、ベッドの頭の上のランプはスタンドみたいなものでなく、横長の蛍光管がはめ込まれているような感じで、下から灯りで照らされるという感じになり部屋が明るくなります。ベッドカバーと、この灯りプラス部屋の真ん中の上からの電気で明るい印象の部屋だったのでとてもよかったです。 部屋が暗いのはちょっと嫌だなあと思う私は嬉しかったです。
    不明
    1人
  • 部屋は明るいです

    東京観光の際ツインを利用しました。 宿泊年は不明ですが、2003年以降です。 なぜかというと、先に同じホテルメッツの田端を利用していて、そのイメージとずいぶん違うなと思ったからです。 田端ではシングル利用でしたが、使い勝手がよく印象もよかったので同じメッツチェーンということで利用しました。
    部屋のベッドカバーが白いのは今も当時も変わりません。大きな面積になると思うので、部屋が明るく思えました。書き物机の椅子も当時も今もワインレッドで、田端に比べるとモダンという印象でした。飲み物などを置くガラスのテーブルは小さく、テーブルに対し椅子が1脚しかなかったので、あまり物は置けず二人向かい合って座って食事ということになると、一人は書き物机の椅子を使うことになります。
    ホテルライフを楽しむ、という満足感は薄いかもしれませんが清潔感はありました。
    不明
    1人

前のページ1 2 3 4 5 6次のページ
▲ホテル・ジェーピー ページのトップヘ