ホテル・ジェーピー トップ > プログレさんのクチコミの一覧

プログレさんのクチコミ一覧

投稿の内容でしぼりこむ
  • お食事処「やはぎ」

    大沢温泉湯治屋にある食事処です。湯治屋は自炊部とも呼ばれているように立派な自炊施設がありますが、最近は利用する人も減ったそうで利用している宿泊客はそう多くありません。皆さん出来合いのものを持ち込んだり、この食事処「やはぎ」を利用しているようです。
    夕食時には結構な席数があるにもかかわらず満席のことも多いらしく、そんなときは部屋への出前も可能で一品につき50円取られますが、自分で持って帰るなら無料です。
    以前に比べてメニューの品数が減ったようですが、色々な定食、十割そば、酒のつまみになるような一品料理など、手頃な値段でいただけます。お酒の持ち込みは禁止なので、東北の旨い地酒を楽しみながら食事をしたいという方は、料理を部屋へ持ち帰ればいいでしょう。
    2015/03/06
    0人
  • 解放感たっぷりの露天風呂

    お風呂は、混浴露天風呂、女性専用露天風呂、レトロなタイル張りの男女別内風呂、さらには旅館部の二つのお風呂も利用できます。
    一泊や二泊じゃもったいない、まさに湯治にはぴったりのお風呂が揃っています。
    特に大沢温泉自慢の混浴露天風呂「大沢の湯」は解放感がたっぶりで、逆に面した川にかかった橋(旅館の敷地内ですが)の上からは入浴者の姿が丸見えです。一応混浴ですが、女性専用タイム(夜8時から9時)があり、さらには女性専用の露天風呂も別に設けられているため、実際に混浴を利用する女性はいないのではないでしょうか。
    2015/03/06
    0人
  • 昭和の雰囲気そのまま

    宿泊したのは6畳の和室で、まさに昭和、それも30年代から40年代頃の部屋そのもので懐かしさを感じます。テレビや冷蔵庫、お茶セットは用意されていますが鍵は内鍵のみです。
    隣の部屋の話し声や、廊下を歩く音が気になる方にはどうかですが、古いとはいえ、部屋は綺麗に清掃されており、仰向けになって寝ころがっているとなぜか落ち着いた気分に浸れます。
    こちらの基本料金は寝具やタオル、浴衣など一切含まれない本当の意味での素泊まりで、必要に応じ布団を借りたり、こたつを借りたりする仕組みです。
    利用したのは布団一式、枕、こたつ、ストーブがセットになった素泊まリプランで入湯税込で4,570円でした。この料金で、花巻駅または新花巻駅から無料シャトルバスで送迎してくれ、お風呂は自炊部の露天風呂、内風呂のほか、旅館部のお風呂と合わせて5つも利用できるのですから人気もうなづけます。
    2015/03/06
    0人
  • 宿全体に漂う湯治場の雰囲気がたまらない。

    東北新幹線の新花巻駅や東北本線の花巻駅から無料シャトルバスが出ていて、車でない場合でもアクセスには困りません。
    旅館部の前で止まるバスから降りてほんの少し歩くと目に飛び込んでくる築200年の木造建物、もうこれだけでワクワクしてきます。玄関を入り靴を脱いで上がるとすぐに帳場があります。ホテルでいえばフロントですが、ここで受け付けをし、利用説明を受けて部屋に案内されるのですが、共同自炊場があり、自炊用品や長期間湯治で宿泊するのに必要なものは何でも揃っていそうな売店があり、そしてぎしぎしと音がする階段と廊下。快適さを追求するシティホテルとは正反対のスタイルに魅了される宿泊客でなかなか予約が取れないのも頷けます。
    2015/03/06
    0人
  • 部屋からの眺望

    泊まった部屋はツインで、さほど広くはありませんでしたが、窓からは釧路川や釧路フィッシャーマンズワーフMOOを見下ろすことができて、まさに絶好のロケーションでした。
    ラピスタはドーミーインの高級版で、ドーミーイン同様施設はきれいですし、天然温泉大浴場・露天風呂、夜泣きそばなども楽しめますし、朝食バイキングも豪華です。
    JR釧路駅からは少し距離がありますが、逆に飲食店等が集まる繁華街には近く、食事には困らないと思います。
    2017/07/10
    0人

▲ホテル・ジェーピー ページのトップヘ